ブログ主のGinozaです。
ベトナム生活での出来事をお伝えしていきます。人気ブログランキングへ


 

2005年05月30日

偶には古い唄でも…

ここ1ヶ月裏切られの連続でギスギスとした感じが廻りに漂っていて、精神的にかなり参ってしまいました。
そんなこんなでせっかくの信用のある仕事も中々手に付かずで…
なんだか全体的に限界という感じと、なんとか切り抜けたい気持ちとが葛藤していて…

そんな中、うちの息子 慶太(0才11ヶ月)が3日ほど前から、ベットの下に仕舞ってある私のカセットテープを引きずり出してはそこらじゅうにばら撒いて遊んでるんです。
 
好奇心の塊だから咎めることもせずに自由にさせているんですが…
(2本ほどテープをグシャグシャにされダメになりました)
殆どがベトナム語教材のテープなんですが、その中に懐かしいテープが混ざっていて、久々に思い出してひとりでひっそりと聴き入ってしまいました。

二十数年前の長渕の曲です。 
やっぱあな頃の曲は良いです。
なんだか心が素直になります。
忘れていたもの(置き去りにしてきたもの)があるような…
思いやり、友情、片思い、不器用なゆえに傷つけ傷つけられ…
お金とか社会的利害関係とかがない純粋な関係…

あの頃の唄を聴くとその時の感覚がよみがえってきて…
なんだか切ない気持ちもそのまんまなんですね。

今日はなんだかとても癒されました。
もしかして息子に救われたかも…
偶には古い唄を聴くのもいいもんです。
posted by ぎのざ at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。