ブログ主のGinozaです。
ベトナム生活での出来事をお伝えしていきます。人気ブログランキングへ


 

2006年08月13日

食い口を作ること

green011.JPG
(花キリン)

このあいだ行った山岳地帯の新開拓の村をみて「どうやって一万人以上もの食い口を作るつもりなんだろう?」と思ったものだ。
山岳住民がその村に移住したとしても政府の物資援助なしには暮らして行けないのではないかと心配になる。
現代ベトナムの難民収容所にも見える。

地域作りで最も必要なもの、それはそこの住人が食って行くための職ではないだろうか。
こんなことを書いたら「当り前に決まってるだろ!」なんて言われそうだ(^^;)
しかし、それが優先されるとは限らないし、それに、食い口を作るのはそう簡単ではないことも多くの人が知っていることだろう。

また食い口だけを優先させては困ることも起るだろう。
ベトナムでは工業都市を目指している省もある。
今の食い口を作るにはそれが手っ取り早いことは確かだ。
しかし、数十年後その工業都市はどうなるだろう?
田や山を切り開き強引に作られた見渡す限りの工業団地の行方は?

山岳地にしても都市近郊にしても職の問題は大きな課題ではなかろうか?

自分の夢「人と自然環境に優しい地域作り」もまた同様で職の問題が大きな課題。
自分としては地域の特色を活かすような職を作ってあげれたらと思っています。

そこで只今 地域作りの第1歩として食い口作りを計画中(^^)
現在の計画仲間はベトナム友人一人と私で2人。
「自分達で物事を起す」をテーマに進めています。
これから計画実行の為にいろんな方々のお世話になって行く事と思います。
お声を掛けられたら宜しくお願いいたします。

また、ベトナムの地で「自らの手で」何かをやってみたい方もご連絡下さい。
白のキャンバスに絵を描いていく楽しさを一緒に味わいましょう。
posted by ぎのざ at 02:05| Comment(7) | TrackBack(0) | 夢をつかもう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>自分としては地域の特色を活かすような職を作ってあげれたらと思っています。

作ってあげれたら・・・は違う気がします。
地域の特色を活かす職を作れる様に「そそのかす」が正しいのでは?

今、私はそうやって人の「そそのかし」に乗って、珈琲の焙煎を始めました。
自分で何から何までやらなければならない。
正直大変です。
雇われている方が楽。

きっと、「そそのかした」後のケアが必要なのでしょうね。
でも、それもアドバイスはしても、自分で動いちゃダメなんですよね。
見守るだけ。

私も見守られています。
いつも、周りがやってくれるに違いないと錯覚していて、気付くと「自分でやるんだよ、ほらやりな!」ってほうり出される。
そうやって成長する。
子供も同じ、親が何から何まで手を出すと何にも出来ない子が育つ。
私みたいな・・・。(苦笑)
Posted by ひらめ at 2006年08月19日 01:02
ひらめさん

> 地域の特色を活かす職を作れる様に…

まさにその通り!
誘導することが大切です。
ベトナムで私はある時期からそうやって来ました。
ひらめさんには以前にも話したことがあると思います。

「職を作ってあげれたら…」というのは最後まで面倒を見るという意味合いです(^^)

ベトナム人は外国人が側にいると何でも直ぐに頼ろうとします。
政府も、ボランティアでも、地域の指導者も、学生も、個人も、全てがそうです。
「金を下さい」「設計をして下さい」「留学させて下さい」
外国人が中に入ったばかりにダメになることだってあるのです。
そうだったら外国人が居ない方がよっぽど良いんですよね。

だから「ベトナム人 自ら事を起す」が大切になって来るんです。
それを踏まえた上で、外国とコラボレーションして発展させることは良いことだと思います。

それとひらめさんが以前「手本を示すのも大切」と言ってたことも覚えてますよ(^^)
今回はその「自ら事を起す」と「手本を示す」をドッキングさせた計画を立ています。
 
Posted by ぎのざ at 2006年08月19日 10:17
Posted by 横山 久 at 2006年09月02日 11:28
ベトナムの移住を考えています。
かなり厳しい事も覚悟しておりますが、日本での失った人間性を貧しくともベトナムの風土と人間らしいさ
感じそこに身を置きたく、希望を叶えたく思います。
しかし、そのすべを知りません。教えて下さい。
Posted by yokoyama hisashi at 2006年09月02日 11:35
ベトナム人女性と結婚でベトナム生活を実現させたく希望しています。
自分たちにできることを探しています。
Posted by タイガー3 at 2006年09月11日 18:28
横山久様

コメントを頂いていることに今日まで気付きませんでした。不快な思いをされていましたらごめんなさい。
直接メールをお送りいたしました。
宜しくお願いいたします。
Posted by ぎのざ at 2006年09月11日 22:19
タイガー3様

出来ましたら一度直接メールを頂けないでしょうか?
ginoza@sustenalife.com

宜しくお願いいたします。
Posted by ぎのざ at 2006年09月11日 22:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。